お電話にてお見積もりをした場合(現場を確認しない状態で)に、判断するのが難しい事例です。
新築ではほとんどの場合「ブースター電源工事」は必要ありません。
ですが稀に必要になってくる場合がございます。
 
ではそのブースター電源工事とはどういったものでしょうか。
 
地デジアンテナ工事をした場合、多くはブースターを設置する必要があります。
もちろん最終的に必要かどうかの判断は、アンテナで受信できる電波の強さと質を測定してから行いますが、現在までの実績から9割以上がブースターを取り付けています。(※工事を行っている地域の特色が大きく関係しております。)
そのブースターとは、電波を強くする機器のことですが、もちろん電気で動作します。そのためブースターには100Vの電気プラグがついているのです。
一般家庭用のブースターは、ほとんどの場合セパレートタイプと言って「ブースター本体」と「電源ユニット」の二つの部品で構成されています。そしてこの「ブースター本体」は通常防雨使用になっていて、屋外(主にアンテナのマスト)に取り付けます。そして「電源ユニット」は屋内に設置し、100Vのコンセントからブースター本体用に変換した電気を、アンテナ線に乗せて(重畳)送り出します。
この電源ユニットはどこにおいても良いのですが、最低条件が一つあります。
それは、電源ユニットからブースター本体まで確実に電流を重畳できることです。
また設置場所はともかく、水などがかからない場所である(屋外の場合は防水ボックスを設けるなど)ことも条件となります。
電流を重畳できればいいと言いましたが、そのための条件と言うものがあります。
アンテナ線に電流を重畳するのですから、基本的にはリビングなどの室内でも、アンテナ線がつながっている場所であるということがまず最初の条件です。
そして電源ユニットを接続した場所からブースター本体までの間に、電流をカットするものがないことが次の条件です。
実はこの条件が満たされているかどうかは、一見するだけでは判断できません。
例えば電源ユニットを屋内のテレビの裏に置いたとします。その状態で電源ユニットからブースター本体までのアンテナ線の経路をさかのぼってみましょう。
まず室内の壁にあるアンテナ端子を通過します。ここでまずアンテナ端子が電流カットタイプではいけません。最近はほとんどが電流通過タイプになってきていますが、中には電流を通さないものも多くあります。
その後アンテナ線は点検口の中や天井裏にある分配器に入ります。ただし建設が10年以上前であったり、また今でも建物の形状やハウスメーカーさんの仕様によっては、数珠つなぎのように他の部屋のアンテナ端子を経由していく場合もあります。もちろんここも電流を通過できるものとできないものがあります。
そして分配器に入った時に、そのつなぎ口が電流を通過する端子の場合と、しない場合があります。全端子が電流を通過するものと1端子のみ電流通過するものがありますが、後者であった場合は端子のつなぎ替えをすれば大丈夫です。またアンテナ端子が電流を遮断してしまうタイプの場合でも、ここを通過するタイプのものに取り替えることによって電源ユニットの取り付けが可能になります。
ただし、アンテナ端子が古い場合を除き、これらの交換や分配器の差し替えはお勧めしていません
なぜなら、工事費用が発生する割に仕上がりが綺麗ではないからです。仕上がりと言うのは、最終的に電源ユニットの設置状態と言うことです。
 
弊社の基本的な考えとしては、ブースターの電源ユニットはテレビの後ろなどではなく、分配器のそばに設置することとしています。
ほとんどのハウスメーカーさんもそのように設置することを前提として配線などをしています。
設置場所としては現在一番多いのがお風呂の点検口の中、ついでロフトやクローゼット、靴箱の中などに設けた情報分電盤の中、そして次に天井裏と言った具合でしょうか。
このうち、点検口の中と天井裏での作業の場合は弊社では追加工事料金が発生します。ですが、アンテナ端子の交換や分配器の配線替えと言った追加工事は不要です。
 
あらためて、ブースター電源工事とはどういう工事のことでしょうか。
それは点検口の中などに電源ユニットを設置するように設計されていても、肝心のコンセントが設置されていない場合です。
ブースター電源工事が必要な場合
上記の現場では、電源のケーブルは作られていたのですが、肝心のコンセントは作られていませんでした。ただし、ケーブル自体には100Vの電気が流れていました。
電源工事として5,000円が必要となりましたが、綺麗に工事を行うことができました。
1端子電流通過型6分配器1端子電流通過型3分配器情報分電盤 

参考記事:
分配器を使うとき、「全端子電流(DC15V)通過型」と「1端子電流通過型」、どちらを使用すればいいのですか?|マスプロ電工:FAQ