いくつかの条件が重なるとアンテナは屋根の上につけない方が良い時があります。
更に言うと、壁面に取り付けなくても良い時があります。
 
加須市フラットアンテナポール設置 今回は敷地内に立てたポール(電線引き込み柱)を利用したアンテナ設置の事例です。
アンテナを設置するためにポールを設置することもありますが、今回は既にポールの設置が決まっていた為それを利用してアンテナを設置しています。
ポール設置の場合は通常八木式のアンテナを使うのですが、敷地の境界線近くだったということもあり、スッキリとしたアンテナの設置が必要でした。
地面にしっかりと設置しているポールであれば、フラットアンテナの設置も特に問題ありません。
 
BS(110度CS)ももちろん良好に電波を受信できていましたが、大きなお宅でアンテナの分配数が多かったため地デジ+BS対応ブースターを設置しています。
分配数が少ない時は弊社価格で10,000円安い「BS混合地デジブースター」で工事が可能かと思われます。
今回は屋根一面に綺麗に太陽光パネルが設置してあり、少しの影もかかることのないこのようなアンテナ設置はスマートでいいですね。
加須市でフラットアンテナのポール設置工事金額内訳 
今回はマスプロ電工のスカイウォーリー(U2SWL20)を使用しています。
今回の工事は塚田が担当しました。

※2014年4月より工事料金が改定されております。