先日のお得な工事事例を紹介します。
2世帯住宅にお住まいの方で、それぞれの世帯でケーブルテレビ(CATV)が引かれていました。
今後かかってくる費用を考えた時に、弊社のアンテナ工事をご検討いただきました。
 
ケーブルテレビのブースターがあったのですが、お客様が確認したところ特に回収しないのでそのまま使っても大丈夫という回答をいただいたようなので、今回はブースターを再利用しております。
状況によっては細かい調整が必要となり、ブースター調整費という工事が発生することもありますが、ほとんどの場合はそのまま使いまわして大丈夫です。
また2世帯それぞれが別の引き込み線を使っていましたが、1本のアンテナで受信できています。 志木市J-COMからアンテナへ切り替え工事 また、今までは片方の世帯のみBSアンテナを利用していましたが、一つにまとめたため両世帯ともBSが視聴できるようになりました。
2世帯の工事がかなり格安で完了した良い事例です。
アンテナ位置は屋根の端から端までの電波調査の結果、ピンポイントで特に結果の良かった位置に設置しています。
志木市2世帯住宅J-COMからアンテナへ切替  
またテレ玉の視聴もご希望されていた為、状況によっては別途アンテナを設置する可能性もありましたが、今回はこのアンテナ1本でテレ玉も充分に受信できていました。
テレ玉と東京タワーは約80度も方向が違っていたのですが、テレ玉は放送塔からの距離が5㎞弱であったため、反射波を充分受信できていたのかもしれません。
もちろん受信補償対象外ではあるのですが、実は一番強く受信できてていたのはテレ玉でした。
 
ケーブルテレビからの切替をお考えの方は、是非一度無料お見積もりをお試しください。

※2014年4月より工事料金が改定されております。