埼玉県春日部市での事例です。
ケーブルテレビからアンテナへ切り替える場合は、ブースターがそのまま再利用できる場合があります。
今回も例に漏れず、ブースターの再利用により工事金額を抑えることができました。
ただし少ない事例として、分配器の交換作業が必要となっています。
 
工事を行った後、アンテナ直下、ブースター出力直下、アンテナ端子直下での電波測定の結果、ブースターとアンテナ端子の間で著しく電波が劣化することが判明しました。
配線を追っていくと、天井裏にあった分配器がかなり劣化していたのが原因でした。
お客様には説明の後、天井裏作業と分配器交換作業をさせていただきました。
春日部市でケーブルテレビからアンテナ受信(フラットアンテナ)へ切り替え工事
このように、事前にお見積もりを行った場合でも、つなげてみてから発覚する追加工事も中にはあります。壁の中の既存の配線などを再利用するため、そういった経路にある不具合などは最終的な点検の時に発覚する場合があります。また今回はケーブルテレビの時は問題なかった、とも言える事例ですが、実際には「ケーブルテレビの電波を充分すぎるほどに強くしていた為に、分配器でかなり劣化してもなんとか見ることができていた」と言う状況です。
事前に詳細調査をおこなえば発見できることではありますが、詳細調査はどうしても費用が掛かってしまうため、通常は個人のお客様の場合は不測の事態を踏まえたうえでの無料お見積もりとさせていただいております。
もちろんご希望のお客様には詳細調査を行うことも可能ですので、ご希望の方はお声掛けください。
費用は状況によって変わってまいりますが、アンテナ工事代とは全く別に10,000円以上の費用が掛かります。ご参考になさってください。
 
ちなみに今回の工事は3階壁面での工事でしたが、3段梯子などを立てて作業する必要がなかったため、高所作業料は発生していません。
春日部市ケーブルテレビからアンテナ切り替え工事料金明細
今回の工事は林田と関戸が担当しました。

※2014年4月より工事料金が改定されております。