2013年1月に、とうとうスカイツリーからの地デジ電波発信(東京タワーからの切替)が予定されています
今まで電波受信感度の悪かった地域で、今まで以上の良好な受信への期待と、現在問題なく東京タワーの電波を受信しているところが新たに電波障害を受けるのではないかと言う不安と、双方が入り混じっているのではないかと思います。
特に後者に関しては、現在新築物件が竣工され、間もなく引越と言う方は「今アンテナを設置して大丈夫なのだろうか」「またすぐにアンテナを立てなおさなくてはいけないのではないか」という不安もあるかもしれません。
 
弊社では以前より「電波塔の移動による受信障害に関しては補償対象外」と言っておりましたが、この件に関しまして新たな展開があります。
それは在京テレビ6社による東京スカイツリー移行推進センターが「移転に伴う受信障害に対しては、放送事業者が適切な対応を行う」と公表しました
移転により受信ができなくなった場合|FAQ
これで、どこの工事会社で工事を行っても、東京タワーから東京スカイツリーに発信場所が変わることによる電波障害(受信障害)は、適切に対処をしてくれる相手が明確になったわけです。
しかしここで注意が必要です。
電波の受信方向を調整する場合・・・例えば屋根の上の八木式アンテナであれば、さほど問題はないかもしれません。
しかし壁につけたフラットアンテナ(デザインアンテナ)であればどうでしょうか。
中には受信方向が90度以上変化する場所もあります。
フラットアンテナは概ね角度の調整が左右60度程度だったりします。細かく言うと半値幅という数値が広いため、電波を真正面以外からも比較的上手にとらえることができるという特徴はありますが、もちろん電波の到来方向に障害物がないことが前提です。
将来的にスカイツリーからの電波に切り替わることがわかっていて、その時の電波の受信方向も考慮した設置の仕方をしているかどうかが大切です。
例えば、スカイツリーが東、東京タワーが南東に位置している場合、将来のことを考えればまず設置面の第一候補は東面になります。
もし家屋の南面につけてしまった場合は、最悪アンテナの移設が必要になる可能性があります。
壁付のフラットアンテナの場合は、移設と言っても壁に直接ビスやボルトを打ち込んでいますから、簡単に移動しましょうと言うわけにはいきません。
せっかく見栄えのいいアンテナをつけたのに、移設によって見苦しい設置跡が残っては本末転倒です
今の時期に家屋壁面にフラットアンテナを設置される場合は、是非そういったこともご一考されてはいかがでしょうか。
 
また下記のサイトでは、東京スカイツリーからの試験電波スケジュールも一部公開されております。
東京スカイツリー移行推進センター  
東京スカイツリー移行推進センターとは
「東京スカイツリー移行推進センター」とは、2013年1月頃に予定されているテレビ電波送信場所の東京タワーから東京スカイツリーへの切り替えに向けて各種調査や対策を実施する組織で、下記の6社で構成されています。
  • 日本放送協会
  • 日本テレビ放送網株式会社
  • 株式会社テレビ朝日
  • 株式会社TBSテレビ
  • 株式会社テレビ東京
  • 株式会社フジテレビジョン
※「東京スカイツリー」は東武鉄道株式会社ならびに東武タワースカイツリー株式会社の登録商標です。
東京スカイツリーに移行した際の弊社のフォローアップにつきましてはFAQをご覧ください。